膝関節への局所注射(幹細胞培養上清液)

REGENERATIVE MEDICINE

先進再生医療

膝の痛みを改善する
幹細胞培養上清治療

関節痛は、骨や関節の摩擦などにより引き起こされ、慢性的な苦痛が生じる状態を指します。この症状は、年齢とともに膝や肩に発生することがあります。一般的な関節痛治療には、シップや経口薬、リハビリや手術、関節内へのヒアルロン酸やステロイドの投与などが含まれますが、それでもなお残る慢性的な疼痛に対しては、幹細胞培養上清液を局所注射することが効果的であると期待されます。この治療は、関節を新しく取り換えるものではなく、むしろ組織の修復や再生を促進し、神経に対する影響を通じて痛みを和らげると考えられます。当院では院内に細胞加工培養室/CPCを完備しており、国内トップレベルの臨床実績を誇る再生医療認定医の下、専門技術を習得した専任培養士が最終的な細胞検査まで責任を持って培養していますので高品質な幹細胞培養上清液を活用できます。

こんな方におすすめ

◎従来の治療で満足できる効果が得られない方

鎮痛薬やヒアルロン酸注射などは、一時的な対症療法に過ぎず、長期にわたり継続すると効果が薄れることがあります。初めは有効だったが、徐々にその効果を感じにくくなると感じている方はいませんか? そのような状況にある方には、幹細胞治療が良好な結果をもたらすことがよくあります。

◎入院や手術を伴う治療を受けたくない方

症状が進行し、激しい痛みが生じる場合、手術が検討されることがあります。通常手術では入院が必要であり、その必要性を強調しています。ところが、幹細胞培養上清治療の場合は通院だけで受けることができるため、家庭や仕事の都合で入院が難しい方にとって特に便利です。

◎自分の膝で過ごしたい方

幹細胞培養上清治療は、自身の組織を活用した再生医療の一形態です。これにより、体が本来持つ自己修復能力が引き出されます。人工的な補助を頼らず、ずっと長く自分の膝で生活したいと望む方々にとって、有益なサポートとなります。

治療の特徴

◎炎症・痛みの緩和

幹細胞のはたらきによって、ひざの炎症や痛みといった症状を緩和させます。

◎入院の必要なし

膝関節への注射のみとなりますので、日常生活への影響がとても少ない治療と言えます。

◎安定した品質

幹細胞培養は国から許可を受けたクリニック併設のCPCにて行うことで高品質を維持できます。

幹細胞移植との相違

◎幹細胞採取手術や細胞培養・事前検査などは不要
◎滅菌凍結された注射液が冷凍保存されていて、すぐに治療が可能
◎幹細胞移植と比べてコストが十分の一以下と安価で安全

治療時間:部位により15~30分(カウンセリングを除く)
通院:月1〜3回程度。3回が理想的で定期的に受けるのがおすすめです。
注意事項:シャワー、入浴、軽い運動は当日から可能。

効果的な上清液

間葉系幹細胞培養上清液のうち、肌への効果が高く期待できる、脂肪由来間葉系幹細胞培養上清液成長因子を使用した治療となります。一か月3回コースを標準としますが、トータル費用は自己脂肪由来幹細胞による治療の半分程度となります

脂肪由来間葉系幹細胞

脂肪由来間葉系幹細胞は、同じ量の骨髄組織より500倍も多く幹細胞が含まれており、増殖力も高く、骨や軟骨、液性因子の分泌に優れているため、膝などの変形性関節症や美容系アンチエイジングといった再生医療への応用に期待されています。

治療までの流れ

STEP1 お問い合わせ

電話またはフォームよりお問い合わせください

STEP2 医療相談員による無料相談

治療の適否に関するご相談はお受けできませんが、治療の流れや治療費などについてご説明させて頂きます

STEP3 医師による診察

最終的な治療の確認をさせて頂きます

STEP4 治療開始

患者様に合わせた治療を致します。頭皮にへ直接注射していきます。治療時間は、15分程度で終了します。

お客様の声

50代女性

まっすぐ立った姿勢を長時間続けると膝に炎症のような痛みを感じ、長時間の立ち仕事が困難でした。注射針が太いため不安になりましたが、施術時間は5分程度で、注入時の痛みは全く感じず、あっという間に終わりました。液剤がひざに馴染むまで30分ほど異物感(違和感)を感じました。膝の痛みは打ってまもなくなくなりました。術後も変わりなく痛みはありません。直立姿勢で長時間立っていても膝の痛みを感じなくなりました。

30代男性

数年前から、膝がギシキシと軋むようになっていて初めは痛みもなかったのですが、寒い日や疲れた時、階段の上り降り時などに関節に痛みが出るようになっていました。膝関節に注射をしましたが、一瞬で痛みもなかったです。施術当日から数日間は少し膝に違和感がありましたが、3日目頃から症状がなくなって驚きました。今までは寒かったりすると痛みがあったのですが、現在も症状なく過ごせてています。

よくあるご質問

お客様

幹細胞培養上清液とは何ですか?


医師

培養上清液は、幹細胞を培養した培養液から滅菌処理などが施され、上澄み液に含まれるものを指します。培養上清液には、サイトカインとして知られる細胞活性に重要な成分が豊富に含まれています。


お客様

幹細胞培養上清液の投与の流れを教えてください。


医師

治療の前に医師によるカウンセリング・診察を受けていただきます。この段階で、治療の詳細や注意事項、費用などが説明されます。その後、点滴や注射といった治療が行われます。全体的な所要時間は1~2時間ほどとなります。


お客様

痛みや副作用はありますか?


医師

幹細胞培養上清液の注射または点滴は、針を使用するため、針を刺す際には痛みを感じることがあります。また、この治療に伴う副作用として、針を刺した部分での赤み、かゆみ、腫れが生じることがあります。点滴の場合、低血糖症状(冷や汗、あくび、空腹感、震えなど)が起こる可能性があるため、事前に十分な食事をしてからご来院いただくことが推奨されます。


お客様

何回くらい治療を受けたらいいですか?


医師

治療の効果には個人差がありますが、一般的には1回から3回の治療で十分な効果を感じることができるとされています。初回の治療で効果を実感する方もいれば、複数回継続して効果を高める方もいます。治療の頻度や回数は、個々の状態や希望によって異なるため、医師のカウンセリングを受けながら、最適な治療プランを立てることが重要です。