今注目を集めるダーマペン4とは?最新美容機器の特徴やメリット

「最近肌のハリや弾力がなくなり、小じわやたるみが気になる」
「毛穴が黒ずんだり開いてきて目立つ」

このような肌悩みを抱える方には、ダーマペンによる美容治療が適しています。ダーマペンは細かい針を使って一時的に肌表面に微細な穴を開け、肌の自然治癒力を促進する治療法です。これにより古い皮膚や角質が新しく生まれ変わり、肌がより滑らかになります。ダーマペンの中でも最新機種が「ダーマペン4」であり、本記事ではこれまでのダーマペンとの違いやダーマペンの仕組み、効果、デメリットについて解説します。また、「痛みやダウンタイムはどの程度か?」や「セルフダーマペンは危険か?」といった疑問にも答えますので、ぜひ参考にしてください。

注目を集めるダーマペンとは?

ダーマペンは、ペン型の美容機器で先端に髪の毛よりも細い16本の針が装備されています。これを使用して肌に微細な穴を意図的に作り、肌の自然な回復プロセス(自然治癒力)を活用して肌トラブルを改善します。ダーマペン治療はニキビ跡、毛穴の開き、たるみ、小じわなど、さまざまな肌悩みに効果を発揮する特徴があります。また、治療時間は短く、麻酔を使用することでほとんど痛みを感じないため、手軽に受けられる美容治療として近年注目を集めています。

ダーマペンの仕組み

ダーマペンは、肌表面にほとんど目に見えないほどの微細な穴を数多く開け、わざと微小な傷を作ります。これにより、皮膚が傷を修復しようとする自然な働き(自然治癒力)が促され、肌は本来の美しい状態に戻ろうとします。

この過程で、真皮内に存在する線維芽細胞が活性化し、肌のハリや弾力を維持するために重要な成分であるコラーゲンやエラスチンを分泌します。これらの美容成分の働きによって、肌の新陳代謝が促進され、肌の再生が進みます。その結果、ニキビ跡、毛穴の開き、たるみ、小じわなどの肌トラブルが改善され、凹凸のない滑らかな肌に整えられます。

また、ダーマペン治療では、成長因子を含む美容液と組み合わせて使用することも可能です。治療時に特定の薬剤を塗布し、肌に開けた穴から美容成分を効果的に浸透させることで、自然治癒力と美容成分の相乗効果を得ることができます。治療に使用する薬剤の種類には複数あり、それぞれの患者の肌悩みに合わせた効果が期待できます。

注目を集めるダーマペン4とは

ダーマペンとの違い

ダーマペン4は、ダーマペンの最新モデルであり、前のモデルであるダーマペン3と比較して以下の違いがあります。

針の本数: ダーマペン3は12本の針を持ちますが、ダーマペン4は16本の針を持ちます。
開けられる穴の数: ダーマペン3は1秒間に1,300個の穴を開けますが、ダーマペン4は1秒間に1,920個の穴を開けます。
最大深度: ダーマペン3の針の最大深度は2.5mmですが、ダーマペン4の針の最大深度は3.0mmです。
ダーマペン4では、ボタンを押すとペンが振動し、16本の針で1秒間に1,920個の穴を作ります。また、針の長さは0.1mm単位で調整可能であり、患者の肌の状態や治療箇所に応じて適切な深さを設定できます。これにより、より効率的に施術が行われ、より深い部位に美容成分を届けることができます。

ダーマペン4の効果は?

ダーマペン治療は、主に以下の肌トラブルに効果的です。

  • 毛穴の開きや黒ずみ

  • ニキビやニキビ跡

  • シミ、しわ

毛穴の開きや黒ずみ

ダーマペン治療により、皮膚のターンオーバーが改善されます。ターンオーバーとは、肌の細胞が一定の周期で生まれ変わる仕組みです。この治療により、過剰な皮脂の分泌や毛穴のつまりが改善され、角栓が除去されて毛穴の黒ずみや開きを抑える効果が得られます。

ニキビ跡

ニキビによって皮膚が傷つき、凹んでしまうニキビ跡(クレーター)や、メラニンの色素沈着によって生じたニキビ跡は、真皮層に働きかけなければ修復できません。ダーマペン治療では、針が真皮層まで到達し、自然治癒力を活性化させることでニキビ跡の改善が可能です。ダーマペン治療により、ターンオーバーが促進されるため、皮脂が溜まりにくくなり、アクネ菌の成長が抑えられ、ニキビの予防にも効果的です。ニキビの原因の一つは皮脂の過剰分泌ですが、ダーマペン治療は皮脂のコントロールにも役立ちます。

シミ・しわ

肌にシミ・しわ・たるみなどが出てしまうのは、コラーゲンやエラスチンといった重要な美容成分の減少が原因です。ダーマペン治療は真皮を刺激して線維芽細胞を活性化させることで、これらの成分の生成を促進します。美容成分が補われることで、肌にハリが生まれ、シミやしわが目立たなくなるでしょう。ダーマペン治療によって肌の内側からの改善が期待でき、健やかで若々しい肌を取り戻すことができます。

キレイになるまでにかかる期間、施術回数、料金は?

効果を実感するまでの期間や施術回数の目安には個人差がありますが、一般的なガイドラインは以下の通りです。

◎キメ・ハリを整えたい場合
→1回の施術で効果を実感
◎ニキビ跡や開いた毛穴を改善したい場合
→3~6回程度の施術が推奨
◎深いニキビ跡や濃い色素沈着を改善したい場合
→5~10回以上の施術が必要

基本的に、複数回の施術を受けることで効果が現れますが、1回の施術でも肌のキメやハリの改善、化粧のりの向上を実感できることがあります。ただし、即座に劇的な変化を期待することは難しいです。

また、ダーマペン治療後は肌の回復を待つ必要があるため、施術と施術の間には3~4週間程度の期間を空けることが推奨されます。これにより、肌が適切に修復されて効果が最大限に現れるでしょう。

ダーマペン4にデメリットはある?

ダーマペン治療は、以下のデメリットが考えられます。

  • ダウンタイムがある

  • すぐに効果が出ない

  • 施術後に日常生活の注意点がある

ダウンタイムがある

ダーマペン治療後は、数日間のダウンタイムがあります。具体的な症状は後述しますが、赤みや皮むけなどが代表的です。ダウンタイムの期間や症状には個人差があり、また針を刺す深さによっても異なります。

すぐに効果が出ない

ダーマペン治療は即効性がありません。1~2回の施術では見た目の変化を感じにくいため、効果を実感するには複数回の施術が必要です。

施術後に日常生活の注意点がある

ダーマペン治療は、肌に穴をあけるという小さな施術ですが、施術直後の肌はダメージを受けやすい状態になります。そのため、摩擦や紫外線、乾燥などを避ける必要があり、適切なアフターケアが重要です。

施術後の肌の状態やクリニックによって異なりますが、施術当日は通常、メイクや洗顔、入浴、サウナ、飲酒、過度な運動などが制限されることがあります。

痛みやダウンタイムは?

ダーマペン治療では、髪の毛よりも細い針を使用するため、他の針を使う治療法に比べて刺すときの痛みが少ない特徴があります。麻酔クリームを使用することもあり、ほとんど痛みを感じませんが、一部の人は軽いチクチクした痛みを感じることがあります。

また、ダーマペンはレーザー治療などと比較して、ダウンタイムが短いのも魅力の一つです。ダウンタイム中に一般的に見られる症状は以下の通りですが、これらは数日で治まることが一般的です。

  • 赤み

  • 発疹

  • かゆみ

  • 腫れ

  • 皮むけ

  • 内出血

セルフダーマペンは危険!医療機関での施術を推奨します

インターネット上ではセルフダーマペンが販売されていることがありますが、これらは厳密には正規のダーマペンではなく類似品です。ダーマペンなどの医療機器は、医療機関のみが購入・使用を許可されているため、個人で購入することはできません。

したがって、個人で購入した類似品では正規のダーマペンと同様の効果を期待することは難しいかもしれません。さらに、以下のリスクが考えられます。

  • 自身の肌状態を正確に判断することが難しい

  • 針を均一かつ垂直に刺すことが難しい

  • 衛生管理やアフターケアが不十分である可能性


医療機関での治療では、適切な処置とアフターケアが提供されるため、肌トラブルや悪化のリスクが低くなります。きれいな肌を手に入れるためには、医療機関でのダーマペン治療をおすすめします。バイオスタイルクリニックではダーマペン治療に様々なオプションを用意しておりますのでより効果的な治療が可能です。

ダーマペン4

注目の記事
お知らせ
おすすめ記事
  1. 手術不要で”関節の慢性痛”を克服する幹細胞再生医療の最前線とは

  2. アトピー性皮膚炎に効果的な自家培養幹細胞培養を用いた再生医療

  3. 希少なベビーセル(赤ちゃん由来の幹細胞)

  1. 日本初【膣プランナー】山口明美フェムテックセミナーのお知らせ ※会場変更

  2. 公式インスタグラムで最新情報を配信しています

  3. バイオスタイリスト募集開始のお知らせ

  1. 登録されている記事はございません。

人気のトピック

  1. 1

    【対談】橋本志穂×三原じゅん子 今話題のエクソソームとは!?再生医療の法整備と未来を考える

  2. 2

    すべての女性に届け!トータルフェムテックで膣内環境を整え輝く未来を!

  3. 3

    壊れやすい機能性成分でも深く浸透させる最新技術「nanoPDS」とは?

関連記事