院内に細胞加工培養室CPCを完備

バイオスタイルクリニックは院内に細胞加工培養室/CPCを完備しています。CPCとは細胞を培養するために必要な清浄度が保たれている専用のクリーンルームです。CPCの稼働は「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に則り、厚生労働大臣から施設番号が付与されていることが条件となります。バイオスタイルクリニックの細胞培養加工室は厳しい条件をクリアし、厚生労働大臣から特定細胞加工物製造が許可されています。国内トップレベルの臨床実績を誇る再生医療認定医の下、専門技術を習得した専任培養士が最終的な細胞検査まで責任を持って培養しています。

クリーンルーム内での細胞処理と培養には、クリーンルームが必要です。この部屋は、内部から外部への空気の流れを制御し、細胞培養に必要な高い清浄度を維持しながら、内部のウイルスや細菌などが外部に漏れないようになっています。なお、作業者が座っている写真内の台は安全キャビネットと呼ばれています。顕微鏡による観察は、クリーンルーム内の顕微鏡を使用しており、そこでは細胞が接着したフラスコが観察されています。

重要な作業は安全キャビネット内で行われており、クリーンルームの安全キャビネットで遠沈管チューブからフラスコに培地を注入する作業が行われています。

クリーンルーム内にあるCO2インキュベーターは、設定した温度で炭酸ガスを注入し、温度、湿度、CO2濃度を一定に保ちながら、生理的な条件で細胞培養、実験、観察が可能です。炭酸ガス濃度は体内のCO2分圧に近い5%に調整され、これにより細胞の成長に適したpH値(pH7.1~7.4)や体温(37℃)を維持しつつ、培地が乾燥しないように加湿や防カビなどの措置も行われています。

バイオスタイルクリニック 主任培養士
山口 仁知
Yoshichika Yamaguchi

関西大学工学部生物工学科卒業(細胞機能工学研究室)、シオノギメディカルサービス(株)、(株)岸本医科学研究所、医療法人常盤会ときわ病院(免疫課細胞培養室)、(株)日本培養研究所、株式会社エス・シー・シー・ラボ、現在はバイオスタイルクリニックにて主任培養士として従事

関連記事