マイクロウェーブ温熱療法

PREVENTIVE MEDICINE

先進予防医療

マイクロ波の熱を活用した
最新のがん治療

正常細胞に比べがん細胞が熱に弱い性質があることは以前から知られています。より高温での治療がごく短時間で、安全に出来れば、更なる効果が期待できます。これを解決したのがマイクロ波であり、最先端医療として開発されたマイクロ波がん療法です。開腹することなく、体から30cm離れた2台の治療機器から放出されるマイクロ波が体内の腫瘍部分で交差し効率よく加熱するというものです。放射線にも劣らない威力がありながら、正常組織は温度上昇が少ないために副作用はほぼゼロという理想的な治療機と言えます。

がん細胞だけを破壊

マイクロ波によって、細胞の電子が強烈に振動し、分子の摩擦熱で温度が上がり、正常細胞もがん細胞も同時に発熱します。しかしがん細胞は水分が多く、周りの血管が脆弱であるため、高温になりやすく冷めづらい性質です。これに対して正常細胞はがん組織と同じように温められても、血管が拡張して血液がいっぱい流れることによって、血液が車のラジエーターのように熱を運び去ってくれるのです。“がん”組織の中にある血管は温められても拡張することができないので、ラジエーターの壊れた車のようにオーバーヒートしてしまい、がん細胞だけが破壊され、正常細胞には損傷が発生しません。この性質の差異によりがん細胞のみが熱による障害を受けることになります。その他にも、正常細胞が温められることで免疫力が高まり、血流が良くなるので体内臓器の機能が活発になるといったことも治療効果を増強しています。がん細胞は39度からダメージを受け、43度以上で多数のがん細胞が死滅するといわれています。一方正常細胞は、47度から傷害を受けるとされています。したがって、39度から46度の範囲で温度設定すれば安全に、副作用なくがん治療が出来るというものです。

治療の特徴

◎がん細胞の殺傷効果が高い
◎短時間の治療なので体の負担が小さい
◎非侵襲的(体を傷つけない)治療で体の負担が少ない
◎副作用がほとんど無く、頻回の治療が可能
◎再発予防にも効果を発揮する
◎低コストで治療が受けられる

がん細胞壊死の作用

1.直接の温熱療法

一般的にがん細胞は41℃あたりで死滅し始め、42.5℃以上では細胞生命を維持できない。がん病巣にマイクロ波を照射することにより、43℃前後のがん病巣の温度上昇を図り、がん細胞を壊死させる。

2.新生血管の特徴を利用

がん組織が増殖拡大転移のため新たに作り出したがん新生血管は正常の血管に比べて極めて粗雑な作りであり、また熱に弱い作りであり、熱による拡張能も少ない。したがって温めると正常組織では血管が拡張して熱を逃すが、がん組織は血管が拡張できず内部に熱がこもり温度が上昇しやすい。

3.アポトーシス

がん細胞のアポトーシス(遺伝的な自滅)を誘導する。マイクロウェーブによる温熱療法は遺伝子解析でがん細胞のアポトーシスを誘導することが示されています。

 

 

腫瘍細胞と正常細胞の生存率

下図のとおり、3種類の小細胞肺癌細胞(NSCLS: H322, H1299, H460)に対し、対照群に比較して、39度~47度で有意に癌細胞の生存率を減少し、照射線量(標的温度)と癌細胞殺傷率は相関した。正常細胞(WI38)では標的温度47度で有意な減少を認めたが、43度まででは、まったく差は無かった。すなわち、正常細胞は殺傷せず、癌細胞のみを殺傷できる。

 

マイクロウェーブと
CISPLATINの相乗効果

抗がん剤との併用にて腫瘍の生存率が大幅に低下。すでにCisplatin(CDDP)系の抗がん剤を使用されている方では併用することでより抗がん効果が望める可能性があります。

 

マイクロウェーブと
5-ALAの相乗効果

膵癌細胞での5-ALAのIC50を計算したところ、5-ALAのみの場合、IC50は7.078μmol/mLであったが、MW照射により、5-ALAのIC50は0.678μmol/mLであり、MW非照射と比較して10倍以上の差があり、IC50の面からも相乗効果が認められた。

 

放射線治療と比較

治療効果はマイクロウェーブの30秒照射がX線4.5Gy照射に対してIC50で比較するとほぼ等しい

 

治療までの流れ

STEP1 カウンセリング

症状などのカウンセリングを致します。

STEP2 マイクロ波を照射

ベットに横たわっていただき、患部に対してマイクロ波を照射します。

料金

 



よくあるご質問

お客様

副作用はありますか?

医師

今までの治療例で副作用がでたことはありませんのでご安心ください。

お客様

皮膚に痛みなどは感じますか?

医師

一般的に考えられることとして、温熱なので当然、温度があがります。皮膚に近い部位ですと、皮膚温が上昇し、皮膚の発赤、ひりひり感がでることがあります。仮にそのような症状が出たとしたとしても数日で自然治癒するレベルであると思われます。

お客様

どのような癌に対して適応していますか?

医師

大腸がん 膵臓がん 甲状腺がん メラノーマ 腎がん 膀胱がん前立腺がん 子宮体がん 肺がん 食道がん 胃がん 肝がん 乳がん 子宮頚がん 口腔がん 咽頭がん 卵巣がん 胆道がん等に適応しています。

お客様

ペースメーカーをつけていますが治療は可能ですか?

医師

ぺースメーカーを装着している方は治療を受けることができません。また金属製の素材のカテーテル・ステントなどを装着している方も同様になります。